むくみ 予防

むくみを予防・改善する効果的な方法とは

MENU

むくみを改善し予防するには?

むくみ 画像

むくみを予防、改善するためのケアは今すぐからでも出来る
簡単な事ばかりなので、ぜひこちらに目を通して
実践してみて下さい。

 

むくみ知らずの健康的でほっそりした体を手に入れるには
ちょっとしたポイントを知るだけで、手にする事が
出来るんですよ。

 

少しの心がけを毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

 

むくみの予防と対策方法

 

適度に水分を摂取する

 むくみ 画像

 

水分が不足すると、リンパ液の濃度が高まることで
むくみの原因になります。

 

日中は特に水分をこまめに補給し、体内のいらないものの
排出をサポートしましょう。

 

夜はあたたくした飲み物にし、体が冷えて代謝が滞るのを
防ぐ様にして下さい。

 

ただ、水分の不足はもちろん水分の摂り過ぎもむくみの原因と
なるので、調節が難しいという点もあります。

 

軽い運動やストレッチを取り入れる

 むくみ 画像

 

筋肉を使わずにいると、血液やリンパの流れが滞り
むくみやすくなってしまいます。

 

運動をする時間がなかなか取れないという方も、日ごろの
通勤時間などを運動の時間として、階段を積極的に使ったり
ふくらはぎの筋肉を動かす事を意識してみましょう。

 

また、長時間同じ姿勢でいるとリンパの流れが悪くなったり
筋肉が固まってしまったりするので、時々ストレッチをしたり
姿勢を変えてそれらを防いでください。

 

むくみ解消に必要な栄養を食事やサプリメントで補う

 むくみ 画像

 

タンパク質、ミネラル類はむくみの解消と予防に効果的。
筋肉を生成、脂肪燃焼、水分バランスを整える有効成分を
摂取することで、効果的にむくみは抑えられます。

 

しかし、ミネラルは特に食事からは摂取しにくく日ごろから
不足しがちな成分です。

 

食事から補い切れない場合は、サプリメントを利用するなどして
補うと効率的でしょう。

 

カリウム、マグネシウムはミネラルの中でも利尿作用を促す
もので、体内の余分な塩分や水分を排出しむくみを改善する
効果があります。

 

衣類はゆとりを持つ

 

締め付けるようなきつい衣服は、筋肉、血管、リンパ節を
圧迫してむくみを引き起こしてしまいます。
無理をせず、体に合ったサイズの衣服を着用しましょう。

 

お酒の飲み過ぎ、塩分の摂り過ぎに注意

 むくみ 画像

 

<アルコール>
アルコールは摂取する事で水分が血管から組織内に漏れて
むくみを引き起こします。

 

また、利尿作用が高まり過ぎる事で体内の水分が不足し、
そこでさらにお酒を飲むと組織内へどんどん水分が排出されてしまい、
悪循環からひどいむくみになってしまうのです。

 

アルコールや老廃物の分解と排出に働く肝臓は、できるだけ夜間は
休ませて必要な時に活動できるように万全の状態にしておきましょう。

 

<塩分>
塩分(ナトリウム)は、水分を保持しようとする働きがあり
体内に余分な水分を溜め込んでしまい、むくんでしまいます。

 

 

むくみを緩和、改善するには

 

リンパマッサージ

 むくみ 画像

 

リンパ液は体を循環し、老廃物や余分な水分を対外に排出させる
働きがあります。

 

体内循環が正常に働くことでむくみは改善されるのですが、
リンパが滞ってしまうと体内に水分が余分に溜まり、むくみに
繋がるのです。

 

そこで、リンパの流れを促すマッサージをすることで
むくみの解消に効果的。

 

ただ、マッサージを行っても改善するのは一時的なものです。

 

普段からしっかり栄養を摂り、運動を行っていれば自然に
リンパは流れ正常に働くものですから、日ごろの生活にも気を配り
リンパが正しく流れる様にしましょう。

 

日々の生活を見直しながらマッサージを併用するのがいいですね。

 

ふくらはぎ痩せサプリなどを利用する

 むくみ 画像

 

むくみを改善するための成分を配合しているので、効率的に
症状の改善を狙えます。

 

最近は脂肪の蓄積を防ぐ成分や、冷え性の改善にも効果がある
成分を複数配合しているものもあり、あらゆる悩みに対応した
商品が販売されているので、自分の症状に合ったものを選びましょう。

 

毎日飲むことで効果を持続させる事ができ、さらにマッサージを
加えるとより効果的です。

 

半身浴や足湯

 むくみ 画像

 

血行を良くすると血液やリンパの流れが良くなり、内臓の働きを
強めたり代謝を促す事が出来ます。

 

弾性タイツの着用

 むくみ 画像

 

着圧・弾性タイツは筋肉に適度な負荷をかけて筋肉のポンプ機能を
助け、体内で水分が組織内に漏れるのを防ぎます。

 

夜寝る時に着用するタイプのものが多くありますが、
むくんでから着けるのではなく、「むくむ前」から着用する方が
予防効果に優れます。

 

仕事前、外出前から着用する事がおすすめです。